汲々だらだらゲームレビュー

PS4とPCゲームレビュー。ゲームニュースもときどき。

【PC/Steam】『Crypt of the NecroDancer』 レビュー / 感想 音ゲー×ローグライク!

SteamやPS Storeなどで販売されているゲーム『Crypt of the NecroDancer』のレビュー・感想です。
クリア済み。プレイ時間は10時間ちょい。

PCゲーム
f:id:ryumesa:20160809013548j:plain

ゲーム紹介

ジャンルとしては音ゲー×ローグライクゲームといった感じのゲーム。
少女を主人公として、地下迷宮の奥深くのボスを目指してダンジョンを攻略していきます。

特徴的なのはそのゲームシステム。
BGMのリズムに合わせて動く必要があるという音ゲー要素があるのです。
それ以外は比較的オーソドックスなローグライクゲームといえるでしょう。

総評

素晴らしいゲーム。良ゲーです。

音ゲーとローグライクを掛け合わせるという、たったそれだけのことで、これだけおもしろくなるとは。驚きです。
コロンブスの卵といえばおおげさかもしれませんが、ゲームが好きならプレイする価値は十分にあるのかなと思います。

ゲーム性以外にも、BGM自体が素晴らしいです。
ハイテンションな音楽もあり、それにあわせてリズム良くプレイしているととても心地よく、病み付きになります。

べた褒めですが、それだけインパクトあるゲームですよ!
強いて不満点を上げればボリュームがそれほどないのかなーという印象。
ただしこれも、自分の持っている音楽ファイルがゲームプレイに使えたり、自分で縛りプレイなどを追加すれば様々な楽しみ方ができますし、値段以上に遊べるかなと思います。

ゲーム性評価

熱中度

その特異なゲームシステムに、最初こそ戸惑うかもしれませんが、慣れてくるとテンポよく進んでいく(進まざるをえない)ゲームに引きこまれます。

また、ダンジョンに潜ってアイテムを集め、新たな武器や特殊アイテムをアンロックするという要素もあり、それがまた熱中性があります。

新しさ

非常に革新的。
ハイレベルなジャンルの融合がなされていて、しかしバランスは損なわれていません。

新しいゲーム体験ができるかなと思います。
このゲームにもフォロワーが生まれるといいなぁ。

バランス

比較的難しく、慣れるまでは何回も死ぬことになります。

慣れた後でも、一回のミスでリズムが崩されるとなかなか建てなおすのが難しいです。
なにせ音楽に合わせる必要があるので一度ミスして混乱してしまうと高ランクステージではもうダメですね。
ですが、やり直しがすぐできるのでそこまでストレスは感じませんし、敵の動きにはあまりランダム性がないので、自分の腕次第となっています。

ボリューム / やりこみ

10時間ちょいでクリアできました。
どうでしょうね。値段相応といえば相応ですし、とても濃い10時間だったのでボリュームにそこまで不満はありません。
ただ、人によってはもっと早くクリアできるでしょうし、ボリューム不足と感じることもあるかもしれません。

ストーリー評価

ストーリーはおまけ程度。
まぁ、ストーリーを語ることの難しいゲームシステムなのかなと思います。

システム面評価

快適さ / ユーザビリティ

比較的快適にプレイすることはできましたが、まったく不満がないわけでもないです。
キーボードでプレイするときには、十字キーを使うことになりますが、特殊アイテムの使用にはたとえば「↑+→」を同時に押す必要があります。
これがなかなか瞬時に出そうと思っても難しい。

操作を間違えることもありますし、テンポよく進むゲームの中、所持アイテムを把握しつつ、適切なタイミングで使うということはなかなか難しいです。
結局クリアまでそういった特殊アイテムは一部しか活用できませんでした。
これは私の腕前の問題かもしれませんが。

グラフィック

2Dで高精細なグラフィックではありません。
が、ゲームの雰囲気にはあっているかなと思います。
特に不満はありません。

その他(演出や音楽など)

音楽がとても良いです。
ステージごとに毛色の変わった音楽が流れ、それぞれ楽しめます。
ダンジョンにいる商人がBGMに合わせて歌ってくれるのもなかなかおもしろいです。

こんな人におすすめ!

独自なシステムのゲームが遊んでみたい人。
ローグライクゲームをプレイした人。
PVを見て、音楽が気に入った人。
ハイテンションなゲームをプレイしたい人。

次回作 / 過去作情報

特に次回作などは発表されていません。
類似のゲームもまだ出されていませんね。残念。

ぜひ次回作も出してほしい限り!