汲々だらだらゲームレビュー

PS4とPCゲームレビュー。ゲームニュースもときどき。

【PS4】『信長の野望・創造 PK版』 レビュー / 感想 一枚マップでリアルタイム合戦!

PS4/3、Steamなどで販売されているゲーム『信長の野望・創造 with パワーアップキット』のレビュー・感想です。
PS4版です。数回クリア済み。プレイ時間100時間以上。
パワーアップキット版ですが、無印をプレイしていないので、追加要素については評価できずです。

f:id:ryumesa:20160809013052j:plain

ゲーム紹介

戦国時代を舞台とした戦国シミュレーションゲーム、信長の野望シリーズ『天道』に続く第14作目。

全国一枚マップの上に、城が点在し道で結ばれています。
戦闘は、野戦も城攻めも基本的に画面が切り替わることなくオートで行われます。
内政はシリーズの中では簡略化されたシステム。

総評

信長の野望シリーズは革新とDS1、他にいくつかやっただけなので、あまり比較はできませんが、総じて満足度は高いです。

戦闘の難易度はそれなりに高く、外交が重要な要素になってきます。
基本的に、よっぽど武将同士の能力差があるとかでなければ、兵力が多いほうが勝つシステムになっていて、おおよそ城から出陣した時点で勝敗は決まっています。
なので、いかに敵味方の戦力を見極め、外交しつつ勝てる状況まで持ち込むかというゲームになっています。

これが非常に楽しい。

万全を期すために領土拡大をもたもたしていると、日本の反対側で手に負えない勢力が育ってしまうというのもシリーズ恒例で、緊張感があって、戦略の練りがいのある開始初期の楽しさはすごい。
ですが、やはりある程度大きな勢力になってしまうと、作業ゲーと化してしまうのも相変わらず。
まぁ現実的といえば現実的ではあるのですが……。

細かな不満点はユーザビリティに関してはありますね(後述)。

ゲーム性評価

熱中度

領土拡張期の楽しさは計り知れないです。
同時多方面戦闘とかもできたりして、それが戦略的に有効だったりするので、実に楽しい。

バランス

結構難しいです。
が、チュートリアルをこなして、一度プレイしてみて感覚をつかめれば難しい難易度とかでも簡単にクリア可能でしょう。

とっつきにくさはあるかもしれません。

システム面評価

快適さ / ユーザビリティ

基本的にはPS4コントローラーでも問題なくプレイすることができましたが、いくつか不満点が。

一番大きいのは武将の配置管理がめんどくさいこと。
これはプレイしてみないとわからないことですが、武将が増えてききて、拠点数も多くなってくると非常に管理がめんどう。
まぁある程度適当でもなんとかなるにはなりますが……・

グラフィック

PS4版をプレイしましたが、美麗です。
日本全土を3D一枚マップで表現されてて、素直に感動。

こんな人におすすめ!

信長の野望シリーズファンの人。
戦国時代を舞台としたシミュレーションゲームをプレイしたい人。

次回作情報

次回作である『信長の野望・創造 戦国立志伝』というものが発売されています。
どうやら武将としてのプレイや城攻めなどが追加されているみたいですが、私はプレイしていないのでよくわかりません。
興味があればプレイしてみてください。